[ Tags :: 奥飛騨温泉郷 ]

新穂高温泉 北アルプス直下 渓流沿いの大野天風呂

記念すべき一湯目は、ブログのトップ画像にも使われている新穂高温泉です。

新穂高の湯
新穂高温泉 新穂高の湯

これがトップ画像の元になった写真です。見ての通り、山奥の渓流沿いにある、豪快な露天風呂です。
この露天風呂は、新穂高温泉にある共同浴場「新穂高の湯」です。
新穂高温泉は、岐阜県飛騨地方の「奥飛騨温泉郷」の一つです。
奥飛騨温泉郷はこのブログの名称の由来となった場所で、
長野県との境となる高山市北東部、「日本の屋根」北アルプスの麓の山間に、
いくつもの温泉が点在しています。
そんな奥飛騨温泉郷の中でも、最も最奥にあるのが新穂高温泉。標高約1000mに位置します。

奥飛騨温泉郷は、露天風呂が非常に多い事でも有名なのですが、
もちろんここ新穂高温泉にもあります。
写真を見れば分かりますが、この新穂高の湯がそうですね。
新穂高の湯は、河原に自然湧出する温泉を少し整備したもので、自然のままに近いものです。
洗い場などはありませんし、混浴ですが、
200円程度の寸志(寄付金箱に入れる)で入れますし、何より開放感抜群。
豪快な谷川の流れを目の前にして、ゆっくりと温泉に浸かれます。浴場も広々としています。

ただし、地元で管理されている温泉なので、営業時間(8時~21時)があります。
昔はいつでも入れたらしいのですが、マナーの悪化で深夜は閉鎖するようになったとか……。
また、高山の麓で、冬は湯温が下がってしまうため、閉鎖されます。源泉掛け流し露天ですから。

新穂高の湯は単純泉で、無色透明ですが、新穂高温泉には硫黄泉もあります。
近くの新穂高ロープウェーの駅前の売店に、硫黄泉が注がれており、
売店ではその湯で温めた温泉卵も売っています。

「新穂高」というと、何だか新しそうな名前ですが、温泉自体はいつから利用されているのか不明で、
武田信玄の家臣が入湯したという伝説もあります。
「新穂高」という地名は、リゾートとして開発されてから着いた地名だと思います。
「穂高」という地名は、北アルプスを越えた長野県側の古代から続く非常に由緒ある地名で、
北アルプスの穂高岳を挟んだ反対側の麓であるために、「新穂高」と名付けたのでしょう。

さて、先にも書きましたが、新穂高と言えば、新穂高ロープウェイが有名です。
上高地、乗鞍スカイラインと並ぶ、北アルプス絶景観光地です。
新穂高温泉の行き止まりにロープウェイ乗り場があります。
このロープウェイは、日本初の二階建てゴンドラという特徴もあるのですが、
何と言っても一気に標高2156mまで上がってしまうのが圧巻です。

新穂高ロープウェイ
新穂高ロープウェイ(山頂駅より)

どうですか、この景色。登山しないでも眺められる山岳風景としては、国内で一、二を争うものだと思いますよ。
2、3000m級の山々に囲まれた、360度の大パノラマです。

奥穂高岳
北アルプスの最高峰、奥穂高岳

これが北アルプスの最高峰、奥穂高岳(3190m)。日本で三番目に高い山です。
新穂高ロープウェイは奥穂高岳登山の最短経路でもあります。ここからでも、かなり険しい道のりだと思いますが……。

焼岳
活発な火山、焼岳

こちらは焼岳(2455m)。活発な火山で、山の向こうに有名な上高地があります。

槍ヶ岳など
やや右の他より少し高い山が槍ヶ岳

ちょっと分かりにくいですが、やや右の高い山が槍ヶ岳(3180m)。日本で五番目に高い山です。

このように日本の名立たる高山に囲まれた景色が見れるのが、新穂高ロープウェイです。
訪れた時期が5月中旬ということもあって、雪の残り具合がまたよかったですね。

第一回からいきなり後半温泉から脱線して山の景色になってしまいましたが、
新穂高温泉に行って新穂高ロープェイに乗らないのはもったいない事です。
天気のいい日を狙って行くとよいでしょう。
絶景を見た後に、ゆっくり麓の露天風呂に浸かるのが、またいいんですよ。

新穂高温泉(新穂高の湯、源泉名:宝温泉)
▼所在地:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂字長人平587-18
▼泉質:単純温泉
▼湧出量:不明(自然湧出)
▼温泉の利用形態:源泉掛け流し
▼営業時間:8:00~21:00
▼休業日:無休(10月下旬~4月下旬は閉鎖)
▼入浴料:寸志(200円程度)
▼問い合わせ先:新穂高温泉観光案内所 0578-89-2458


新穂高温泉の地図はこちら。

大きな地図で見るLink

宿 露天 日帰り 単純泉 源泉掛け流し 混浴 秘湯 奥飛騨温泉郷

— posted by 温泉郷案内人 at 05:46 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1570 sec.
prev
2017.12
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31